ワキガの人種差
ワキガと人種の関係について見てみましょう。
さまざまな説がありますが、一般的には下記のようになります。

黒人100%
欧米人70〜90%
日本人10〜15%
中国人3〜5%


汗のにおいというのは、フェロモンを含んでおり、もともとは性的アピールや魅力のひとつでした。
黒人においてはそれが強かったのでしょうか?

黒人にしても欧米人にしても、肉食を中心とする食生活に原因があるようです。
動物性脂肪の多い肉料理ばかり食べていると、ワキガの下人とされているアポクリン腺の数が多くなる傾向にあります。
反対に、野菜や魚を中心とした食生活をしている、日本人や中国人は、ワキガの少ない民族になったと思われます。

欧米にて香水が発展したのは、欧米人の体臭が原因だといわれています。

日本では、ワキガ体質の人の割合が少ないため、悩みの原因となるのです。

日本において多汗症とワキガは別ですが、欧米ではひとまとめにして考えられています。
欧米においては、においに関しては日本ほど気にしていないようです。
ましてや、手術して治そうなんて人はほとんどいません。
日本では、ワキガの人のほうが少ないため、目だってしまいます。

下記のような食生活をしていると、ワキガ体質になりやすくなります。

 ・肉類中心の食生活
 ・乳製品(卵・牛乳)の食べすぎ
 ・辛いものの食べすぎ
 ・アルコールの過剰摂取

欧米に比べて日本では牛乳をのむ人は少ないですね。その辺も関係しているようですね。
最近では日本も食生活が欧米化してきたので、ワキガや体臭の強い人が増えてきています。
欧米化もいいことばかりではありません。
においだけでなく、肥満にもなりやすいので、食生活には気をつけましょう。
ワキガの多い人種とその理由。ワキガによって栄えた「香水」の文化のことなど。黒人にしても欧米人にしても、肉食を中心とする食生活に原因があるようです。動物性脂肪の多い肉料理ばかり食べていると、ワキガの下人とされているアポクリン腺の数が多くなる傾向にあります。 
「遺伝」「毛深い」「耳垢が湿っている」「衣類の黄ばみ」などワキガに見られる特徴の説明。自分のにおいはなれてしまうとわからないものです。また、においが気になっても、それがワキガなのかどうか判断するのは難しいと思います。専門家に相談するのが一番ですが、下記に、ワキガ体質の人に多い項目をあげますので、参考にしてみてください。   
「食生活改善」「ストレスを溜めない」「清潔にする」「水分補給」などのワキガに効果的とされる予防方法。ワキガの予防法について紹介したいと思います。前のページにも書いたように、ワキガは遺伝性が高いものですが、生活習慣を変えるだけでも、大きく改善できると思います。 
「超音波治療法」「皮下組織吸引法」「皮下組織削除法」「皮下組織掻爬法」などのワキガ治療法の解説。食生活などを変えても改善がみられなくて、どうしても治したいばあいは、手術を受けて治すことになります。一般的には、超音波治療法が一番痕も残りにくく、効果的ですがまずは、いろいろなクリニックに行って、医師の話を聞きましょう。 
初心者のFXにもオススメ
FXならスプレッド原則固定の「みんなのFX」で口座開設受付中
min-fx.jp/


ページトップへ